絆を深め夢ある福島を築く

ごあいさつ

 

(公益社団法人)日本技術士会東北本部福島県支部 支部長 畠 良一

 

日本技術士会は、昭和26年6月に設立され、平成23年4月に公益社団法人へ移行し今年で68周年を迎えます。技術士は、技術士法に基づいたエンジニアとして最高の資格です。21の技術部門にわたり、高度の専門的応用能力を必要とする事項の計画、設計、評価等の業務分野を中心に活躍しています。

この度の役員改選において、支部長として2期目を迎えることになりました。幹事も前期より1名増え16名体制で今後2年間「地域貢献・技術者育成など」を中心に活動してまいります。

昨年は、なんと言っても福島県内で初めて開催しました「第45回技術士全国大会」に明け暮れた1年となりました。お陰様で皆様の絶大なるご支援・ご協力により大盛会で終えることが出来、多くの参加者から賛辞をいただきました。誠にありがとうございました。新たな年号を迎えた今期は、今盛んに言われているSDGsを意識しながら以下のことを目標に努めてまいりますので引き続きよろしくお願い致します。

1,社会貢献活動の一環として、「東日本大震災」と同年7月に発生した「新潟・福島豪雨」から8年以上が過ぎ、間もなく復旧・復興の10年が経過しようとしています。事故当時の記憶も徐々に薄れていく中で、当時の事実を後世に正しく伝える(残す)ことは、大変意義深いことと考えます。毎年全国各地で繰り返される火山噴火・地震・台風・豪雨など大規模災害に備えるためにも、「住み続けられるまちづくり」など「防災・減災」を意識した活動などに取り組んで行きたいと考えます。

2,技術系人材育成のために、若手技術者の技術力向上に貢献すべく、「ふくしまインフラ技術者育成協議会」に積極的に取り組んで行くとともに、子供たちの学習活動へも参画し、技術に対する親しみを持ってもらえるよう活動して行きたいと考えます。

 以上のような活動を通し、知名度がなかなか上がらないわが技術士会が広く皆様に活用してもらえるよう支部会員同士の連携を図っていきたいと思いますので、これまで同様皆さんのご協力よろしくお願い致します。

2019年7月吉日

 

 

公益社団法人日本技術士会東北本部福島県支部 TEL&FAX 024-524-0555

PAGETOP
Copyright © 日本技術士会東北本部福島県支部 All Rights Reserved.